ローン返済に困ったら早めの対策を|競売へ流れるのを阻止する

女性

コンテンツ一覧

住宅ローンを滞納したら

相談

住宅ローンの返済に窮して滞ってしまうと、金融機関から督促状が届くようになります。そして一定期間の滞納が続くと、競売への流れが始まることになります。まず分割払いとなっていた住宅ローンは一括返済を求められることになります。それが不可能となれば、金融機関は保証会社に代位弁済を頼み、債権が移ることになります。そして代位弁済をした保証会社から一括返済を求める書面が届きます。それを放置しておくと、担保となっている不動産が差し押さえられて競売への流れとなります。注意が必要なのは、競売の申し立てがされると自分では売却することができなくなるということです。任意売却もできなくなるので、早めに手配することが必要となります。

競売への流れとなれば、あとは所有権を失いどうすることもできなくなります。その前に、自分で競売よりも有利な条件で買い手を探す任意売却を行う必要があります。一般市場で相場に近い金額で売却できるので、人気があります。競売への流れとなる前に早めに決断することが必要です。近年では一般の不動産売買を行う仲介業者も任意売却を手掛けるので、より有利な条件で手放すことが可能となります。その分住宅ローンの残債は少なくなるので、その後の生活の再建もしやすくなります。また、任意売却を行うためには債権者の合意を得る必要がありますし、業者も審査を通ったところが認められることになります。大手不動産会社であれば審査も通りやすいので人気があります。

様々な環境を楽しむ

グラフ

伊豆での別荘の人気は高くなっています。別荘では様々な楽しみがあります。庭で運動したり、周囲を散歩することも楽しみとなります。いつもと違う環境で過ごす時間は、刺激があって格別なものとなります。様々な楽しみを持つことは、とても有意義なこととなります。

読んでみよう

親身になってくれる業者へ

家

福岡市内には多くの不動産屋さんが不動産売却を行っています。その中から自分に合った不動産屋さんや営業担当者を見つけるには大変です。チラシや広告等を良く確認されてから、幾つかの会社へと絞り込んで窓口へ行かれて相談するようにしましょう。

読んでみよう

物件売却におけるポイント

お金

東京での不動産を売却査定する場合には、地元に詳しい仲介業者を選ぶことが必要です。たとえ査定金額が高いとしても、土地勘がなければ十分にその価値をアピールできないので、それを理解できる買い手を探すことが難しくなります。

読んでみよう